屋根瓦が危険。葺き替え工事は信頼と実績のクレヴィオへ

みなさま、こんにちは! ブログ担当高橋です。

さて、今回は屋根の工事についてです。外壁塗装の工事については、前回詳しく説明していますので、よろしければそちらをどうぞ。

屋根の葺き替え工事(ふきかえこうじ)という言葉を聞いたことがあると思いますが、実際にどういう工事かご存じでしょうか?

これは、古い屋根を一新するリフォーム工事の事でして、既存の材料を撤去したり重ねたりしながら、屋根を新しくする工事の総称です。材料もたくさんあり、それに伴い、工事方法も変わります。

瓦屋根が危険、というのは、台風や地震災害などで破損の恐れがあるからですね。最近の関東地方では、スレート屋根が主流になっています。

屋根の工事も外壁塗装同様、わかりずらい工事ですよね。工事や金額について不安や質問がある場合は、サイトからお気軽にご質問ください。無料でお答えしております。クレヴィオ問い合わせフォーム

そこで今回は、葺き替え工事や屋根の塗装工事を施工例を元にご紹介します。

築40年。屋根葺き替えと外部・雨トイ・雨戸・玄関塗装工事など

施工前と施工後の写真です。
【施工前】

 
【施工後】

 

こちらが代表的なスレート屋根です。これは、ケイミュー社のコロニアルクアッドを使用しています。スレート屋根のほとんどがケイミュー社製品のため、この商品名が広がり、スレート屋根のことをカラーベストやコロニアルと呼ぶこともあります。

ちなみに、古い瓦屋根を撤去するときは、アスベストを含んでいることがあるために、必ず専門業者に確認してください。弊社では、アスベストを含んだ屋根も安全に撤去しています。

このほかに、雨樋交換、雨戸塗装、玄関ドア塗装・ドアクローザー交換、(テラス屋根)ポリカーボネート交換をしました。工事は約1カ月弱です。

工事の仕上がりには、自信がありあます。天候に左右される塗装工事ですが、おかげさまで、美しく仕上がりました。

築16年。外壁クリア塗装施工例

施工前と施工後の写真です。

【施工前】


【施工後】

屋根塗装には、ハイブリットなファインパーフェクトベストを使用、タスペーサーを使用して仕上げています。これは、雨漏り防止のための作業ですね。屋根には縁切りという雨漏りしないように雨の逃げ道があるのですが、外部塗装をするとそれをふさいでいしまいます。そのため、もう一度縁切りをしないといけないのですが、これは実は大変な作業でして。最近では、タスペーサーという材料がでてきたおかげで、安価で簡単にできるようになりました。

外壁には、ピュアライドプロテクトクリアーを使用。築浅物件ですが、このくらいのサイクルだと理想ですね。そのほかに、シャッターの取付とウッドデッキの撤去を行いました。約2週間の工事で納品しました。

築20年。集合住宅 外部塗装施工事例

施工前と施工後の写真です。
【施工前】


【施工後】

こちらの屋根も、前回同様ファインパーフェクトベストと タスペーサーを使用しました。外壁にも同じ塗料を使用してします。その他、階段の手すり・ベランダの塗装、ベランダのパーテーションを交換しました。

塗装の剥がれは、印象がとても悪く、入居率にも影響します。内装だけでなく、外壁のメンテナンスもお忘れなく。

大切なのは、日ごろのメンテナンスです。あなたの屋根や外壁は、大丈夫ですか?