ドローンで屋根点検。埼玉県で業者をお探しならクレヴィオへ

みなさま、こんにちは。桜の開花に感動しているブログ担当の高橋です

 

さて今回は、ドローン調査についてです。弊社では、ドローンを使用した外壁や屋根の調査ができるようになりました。

 

埼玉県の屋根調査はドローンが活躍

弊社は、国土交通省のドローン許可業者です。そうです、ドローン撮影には、許可がいるのです。ドローンの空撮には、撮影可能場所や近所への配慮やなど規制が細かくありますので、必ず許可業者に依頼してくださいね。

 

ちなみにドローンというと、映画やドラマ、プロモーションビデオの撮影などで使われ、普段の目線では見ることのできない感動を与えてくれますよね。

 

そんなドローンですが、最近では、建築現場でも活躍しています。

 

例えば、10年以上全く屋根の点検をしていない戸建てにお住まいの方やオーナー様は、絶対に点検が必要です。

 

なぜ必要かについては、次で詳しく解説しますね。

 

屋根の点検はなぜ必要か?

 

一言で言えば「早期発見」人間ドッグと一緒で、建物も早期発見できると、その後のメンテナンスが楽になるからです。

体も倒れてから薬を飲むのではなく、日ごろから健康に気を付けることが重要ですよね。定期検診に足を運び、最近では特に“未病”なんていう言葉も流行しているくらい。

 

ケガや病気と同じで早く見つければ、簡単な修理で終わります。しかし、致命的な破損個所があると、高額な修理代がかかってしまいます。

 

ということで、10年以上の建物点検期間が空いている方は、ぜひ点検をオススメいたします。

 

ちなみに、ドローン調査で、屋根の塗装が必要になった場合、弊社で施工していただければ点検料金は無料です。

 

足場を組まないので安く済むドローン調査

ドローン調査は、高いのでは?と不安な方もいるかもしれませんが、実は逆なんです。

 

例えば、2階建の物件でしたら、概ねハシゴで登って点検が可能な場合が多いです。しかし、ハシゴで上れない建物に関しては、通常足場をかける必要があります。その足場代が高額なのです。足場を組むなら、作業までしないともったいな。点検だけのために足場を組むなんて、お金をドブに捨てるようなものです。

なんて、力が入ってしまいましたが、今まではそうするしかなかったんですよね。なので、足場を組んだからせっかくだからと、やらなくてもいい工事をした方も多かったのではと想像します。

しかし、今は違います。足場を組まずにすむドローン調査。昔では考えられませんでしたが、便利な世の中になりました。

 

業者さんからも受け付けます

ドローン調査は、オーナーや個人のお客さまに限らず、いろいろな方からご依頼をいただいております。

 

国土交通省のドローン許可を受けていますので、学校や公共施設をはじめ、リフォームや屋根塗装、建築会社などの同業者からもご依頼可能です。

 

弊社は、ドローンによる屋根点検を可能にしております。

ドローン調査の映像をお見せすることも可能ですので、まずはお気軽にお問合せください。